東京の医学部設置大学を様々なランキングで徹底比較

東京の医学部予備校を徹底比較!!

東京都内になる国公立および私立の医学部設置大学を様々なテーマでランキング化。

医学部予備校TOP >  東京の医学部設置大学を様々なランキングで徹底比較

東京の医学部設置大学を様々なランキングで徹底比較

東京都内にある医学部を学費や偏差値以外のテーマでランキング化してみました。

東京は医学部設置大学の数も多く、志望校選びとしては選択肢が豊富でおすすめです。

下記ランキングを割こうにすることで新たな発見につながることもあると思うので、受験生はぜひ参考にしてみて下さい。

東京で医師を目指せる大学

学費が安い国立大学の医学部医学科

大学名 学費 偏差値(河合塾)
東京 約350万円 72.5
東京医科歯科 約350万円 70.0

東京は2つの国立大学医学部ありますが、両方ともトップレベルの難易度を誇り、偏差値ランキングでは上位に位置して合格するのは非常に困難。

名門進学校など超優秀な受験生が目指す医学部となります。

併願受験が可能な私立大学の医学部医学科

大学名 学費 偏差値(河合塾)
慶應義塾 2176万円 72.5
東京医科 2940万円 67.5
帝京 3750万円 65.0
順天堂 2080万円 70.0
東京慈恵会医科 2250万円 70.0
日本医科 2200万円 70.0
昭和 2200万円 67.5
東邦 2580万円 67.5
日本 3310万円 67.5
杏林 3755万円 65.0
東京女子医科 3334万円 65.0

私立大学医学部は東京都内に11キャンパスを設置しており、偏差値の幅も広いので様々な学力の受験生が目指すことが可能です。

偏差値ランキング上位の御三家から、学費ランキングで上位の順天堂、または再受験生に寛容な帝京大学などバラエティー豊かな医学部が揃っています。

東京の大学限定「入試倍率ランキング」【2020年度版】

順位 大学名 区分 キャンパス 倍率
1 帝京 私立 板橋 46.8
2 東邦 私立 大森 21.6
3 日本 私立 大山 19.7
4 日本医科 私立 千駄木 13.2
5 杏林 私立 三鷹 13.1
6 昭和 私立 旗の台 11.4
6 東京医科 私立 西新宿 11.4
8 順天堂 私立 本郷 10.4
9 東京女子医科 私立 河田町 9.8
10 慶應義塾 私立 信濃町 8.4
11 東京慈恵会医科 私立 西新橋 5.9
12 東京 国立 本郷 4.3
13 東京医科歯科 国立 湯島 3.6

入試倍率が高いから合格できない訳ではない

医学部の入試倍率ランキングを見ても分かるように1位は倍率40倍を超えるなど熾烈な競争が繰り広げられています。

私立の場合は、併願受験が可能なので、人気の高い医学部は倍率は高くなりがち。

いっぽう、入試倍率ランキングで下位は国立2大学。

これは、国立の場合は併願ができずセンター試験の自己採点で出願大学を選ぶので冒険をしない受験生が多く、出願先は分散される傾向に。

また、前期日程と後期日程の2回しかチャンスがないことも相まって倍率はそこまで高くなりません。

したがって、私立は併願で多くの医学部受験してくるため、必ずしも合格圏内の受験生ばかりではないのです。

入試倍率ランキングに関係なく、学力があれば倍率が高くでも十分に合格することができます。

東京の大学限定「世界大学ランキング医学部編」【2020年度版】

順位 大学名 区分 THE世界大学ランキング
1 東京 国立 21
2 東京医科歯科 国立 74
3 慶應義塾 私立 251–300
4 東京医科 私立 301–400
5 帝京 私立 301–400
6 順天堂 私立 401–500
7 東京慈恵会医科 私立 501–600
8 日本医科 私立 501–600
9 昭和 私立 601+
10 東邦 私立 601+
11 日本 私立
12 杏林 私立
13 東京女子医科 私立

偏差値だけでは分からない医学部の評価が分かる

日本では医学部偏差値ランキングが大学の格付けの参考としてよく利用されていますが、世界は違います。

海外では教育や研究の質で評価された世界大学ランキングでよく大学格付けがされています。

世界大学ランキングは様々な機関で実施されていますが、今回は医学部別にランキングを公表している海外でも有名なTHE WORLD UNIVERSITY RANKINGSを基に東京の医学部の順位をまとめてみました。

ランキングを見ても分かる通り、最もランキングが高かかったのは東京大学医学部で、次に東京医科歯科、慶應義塾と続いており、ここは偏差値ランキングと同じような順位です。

ただし、それ以下は東京医科や帝京などの医学部がランクインするなど、偏差値ランキングとはまた違った視点で医学部を評価することができます。

東京の大学限定「医学部女子比率ランキング」【2020年度版】

順位 大学名 区分 男:女 備考
1 東京女子医科 私立 100 在学者数
2 昭和 私立 54.1:45.9 入学者数
3 東邦 私立 57.8:42.2 在学者数
4 日本医科 私立 60.8:39.2 在学者数
5 帝京 私立 61.9:38.1 在学者数
6 東京慈恵会医科 私立 62.7:37.3 在学者数
7 東京医科 私立 63.9:36.1 入学者数
8 杏林 私立 64.0:36.0 在学者数
9 順天堂 私立 66.0:34.0 在学者数
10 日本 私立 69.6:30.4 在学者数
11 東京医科歯科 国立 71.0:29.0 在学者数
12 慶應義塾 私立 75.0:25.0 在学者数
13 東京 国立 82.9:17.1 在学者数

女子率が多い医学部のおすすめポイント

理系で男子学生が多い医学部では、女子学生の割合が気になる女子受験生も多いのではないのでしょうか。

ランキングを見ても分かるようにトップは東京女子医科大学ですが、その後は昭和や東邦が女子率が高いという結果になっています。

女子学生の割合が高いと、交友関係で幅が広がったり、女性へ配慮された環境や設備作りなどが考えられますが、やはり最大のポイントは女子差別を行っていないということです。

近年は女子差別がいくつかの医学部入試で実施されていましたが、女子学生の割合が多いということはそれだけ合格者を輩出しているという指標にもなります。

まとめ

以上、今回は東京都内にある医学部を様々な視点からランキングでまとめてみました。

受験生の場合、偏差値や学費のランキングを気にする傾向にありますが、違った視点から医学部を比較することで志望校選びの参考になることもあります。

医学部の出願先で迷っている受験生はぜひ上記ランキングを参考にしてみてください。

東京の医学部予備校を徹底比較!!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約

Copyright (C) 東京の医学部予備校を徹底比較!! All Rights Reserved.