国公立大学医学部ランキング

東京の医学部予備校を徹底比較!!

国公立大学医学部医学科をテーマに偏差値や国家試験合格率など受験生が気になる情報をランキング化して比較解説していきます。

医学部予備校TOP >  国公立大学医学部ランキング

国公立大学医学部ランキング

国公立大学医学部医学科は学費が安いため受験生からも人気が高く、その分難易度も高いです。

そこで今回は国公立大学医学部をテーマに前期日程・後期日程などの入試難易度から直近で実施された国家試験の合格率をランキングで解説。

国公立大学医学部を目指す受験生にとっては知りたい情報ばかりなので、ぜひ当ページのランキングをチェックしてみて下さい。

医学部入試で貴重な情報とされる偏差値とは?

偏差値に関する表現画像

偏差値とは、本来、「テストを受けた集団の中で自分がどれくらいの位置にいるか」を表す数値です。

テストの平均値と等しければ50、それより標準偏差のあたいだけ大きければ60というように決まった方法で計算されます。

大学受験においては、その大学に入学するために必要な学力を「偏差値」として示されます。

偏差値と受験生全体の順位の関係性はこのようになります。

偏差値 最上位からの割合
80 0.13%
75 0.62%
70 2.28%
65 6.68%
60 15.87%

大学の難易度を示すための「偏差値」は、模試などを活用して算出されています。

受験生にとっては、自分の現在の学力を評価する指標になります。

国公立大学医学部難易度ランキング【2021年度】

国公立大学医学部難易度ランキング

国公立大学医学部の2021年度入試における難易度ランキングを示します。

総合順位 大学名 駿台 河合塾 ベネッセ 平均
1 東京大学 77 72.5 81.0 76.8
2 京都大学 76 72.5 80.0 76.2
3 東京医科歯科大学 73 70.0 78.0 73.7
3 大阪大学 73 70.0 78.0 73.7
5 東北大学 69 67.5 77.0 71.2
5 名古屋大学 69 67.5 77.0 71.2
5 九州大学 69 67.5 77.0 71.2
8 神戸大学 69 67.5 76.0 70.8
8 千葉大学 68 67.5 77.0 70.8
10 京都府立医科大学 68 67.5 76.0 70.5
10 大阪市立大学 68 67.5 76.0 70.5
12 広島大学 68 67.5 75.0 70.2
12 奈良県立医科大学 68 67.5 75.0 70.2
14 横浜市立大学 67 67.5 75.0 69.8
15 北海道大学 68 65.0 76.0 69.7
16 筑波大学 67 65.0 76.0 69.3
17 金沢大学 67 65.0 75.0 69.0
17 岡山大学 67 65.0 75.0 69.0
17 名古屋市立大学 67 65.0 75.0 69.0
20 新潟大学 66 65.0 75.0 68.7
20 岐阜大学 66 65.0 75.0 68.7
20 和歌山県立医科大学 66 65.0 75.0 68.7
23 三重大学 65 65.0 75.0 68.3
23 長崎大学 65 65.0 75.0 68.3
23 熊本大学 65 65.0 75.0 68.3
26 群馬大学 64 65.0 75.0 68.0
26 信州大学 64 65.0 75.0 68.0
26 浜松医科大学 64 65.0 75.0 68.0
26 滋賀医科大学 64 65.0 75.0 68.0
30 鹿児島大学 64 65.0 73.0 67.3
30 愛媛大学 62 65.0 75.0 67.3
32 富山大学 64 62.5 75.0 67.2
32 札幌医科大学 64 62.5 75.0 67.2
34 山口大学 63 65.0 73.0 67.0
35 大分大学 63 65.0 71.0 66.3
36 徳島大学 61 62.5 75.0 66.2
37 福井大学 62 65.0 71.0 66.0
38 琉球大学 61 65.0 71.0 65.7
39 香川大学 63 62.5 70.0 65.2
39 高知大学 63 62.5 70.0 65.2
39 鳥取大学 62 62.5 71.0 65.2
42 弘前大学 59 65.0 71.0 65.0
42 島根大学 59 65.0 71.0 65.0
42 宮崎大学 59 65.0 71.0 65.0
45 山形大学 61 62.5 71.0 64.8
46 旭川医科大学 59 65.0 70.0 64.7
46 佐賀大学 59 65.0 70.0 64.7
48 福島県立医科大学 61 62.5 70.0 64.5
49 秋田大学 59 62.5 71.0 64.2

なお、駿台は合格可能性60%、河合塾は50%に相当する偏差値です。

【前期日程】

ここでは、大手予備校である駿台と河合塾が公表している「共通テストのボーダー」の平均をとり、

前期日程における「偏差値+共通テストのボーダー」で国公立医学部の2021年度入試における難易度ランキングを示します。

順位 大学名 駿台(%) 河合塾(%) ボーダー平均(%) 偏差値
1 東京大 93.3 92 92.7 75.8
2 京都大学 92.8 90 91.4 74.0
3 東京医科歯科大学 91.7 90 90.9 71.0
4 大阪大学 90.0 89 89.5 72.0
4 千葉大学 88.9 88 88.5 68.8
4 横浜市立大学 89.0 88 88.5 67.3
7 名古屋大学 89.4 87 88.2 68.8
7 東北大学 90.4 86 88.2 67.8
9 九州大学 88.9 87 88.0 68.3
10 筑波大学 88.9 86 87.5 65.5
11 大阪市立大学 87.7 87 87.4 66.5
12 神戸大学 87.5 87 87.3 67.8
13 旭川医科大学 84.5 88 86.3 63.0
14 岡山大学 87.2 85 86.1 66.0
15 北海道大学 86.7 85 85.9 67.3
15 新潟大学 86.7 85 85.9 65.0
17 名古屋市立大学 87.3 84 85.7 65.5
18 広島大学 87.2 84 85.6 66.5
19 奈良県立医科大学 86.7 84 85.4 67.3
19 京都府立医科大学 87.8 83 85.4 66.5
21 岐阜大学 87.5 83 85.3 66.3
21 三重大学 87.5 83 85.3 63.8
23 熊本大学 86.3 84 85.2 65.0
24 徳島大学 86.7 83 84.9 66.5
24 群馬大学 86.7 83 84.9 65.5
24 浜松医科大学 87.8 82 84.9 64.5
24 長崎大学 86.7 83 84.9 64.5
24 金沢大学 86.7 83 84.9 64.5
24 鹿児島大学 86.7 83 84.9 64.0
30 山形大学 86.1 83 84.6 61.8
31 信州大学 85.6 83 84.3 64.5
32 秋田大学 86.4 82 84.2 63.0
33 弘前大学 86.0 82 84.0 63.0
34 滋賀医科大学 85.8 82 83.9 65.0
34 和歌山県立医科大学 85.8 82 83.9 64.5
34 島根大学 85.7 82 83.9 62.8
34 香川大学 85.7 82 83.9 61.8
38 富山大学 85.6 82 83.8 65.0
38 福井大学 85.6 82 83.8 64.0
38 愛媛大学 85.6 82 83.8 63.5
38 高知大学 85.6 82 83.8 63.0
38 宮崎大学 85.6 82 83.8 62.3
38 福島県立医科大学 84.6 83 83.8 61.8
44 札幌医科大学 86.4 81 83.7 62.8
45 鳥取大学 85.0 82 83.5 63.0
45 佐賀大学 84.9 82 83.5 63.0
47 山口大学 85.6 81 83.3 64.5
48 琉球大学 85.0 81 83.0 64.0
49 大分大学 84.4 81 82.7 64.0

なお、一部大学の中には、

同じ前期日程の中でも「一般枠」のほかに「地域枠」が設置されている大学もあります。

ここでは「一般枠」のみを示していますが、

「地域枠」は比較的難易度が下がる傾向にありますので、ぜひ検討してみてください。

【後期日程】

ここでは、後期日程における国公立大学医学部の2021年度入試における難易度ランキングを示します。

順位 後期日程 駿台(%) 河合塾(%) ボーダー平均(%) 偏差値
1 東京医科歯科大学 95.0 94 94.5 -
2 千葉大学 93.3 90 91.7 70.0
3 奈良県立医科大学 91.7 88 89.9 70.0
4 岐阜大学 90.0 89 89.5 70.0
4 福井大学 90.0 87 88.5 -
4 山形大学 88.9 88 88.5 -
4 山口大学 88.9 88 88.5 -
8 旭川医科大学 88.3 88 88.2 70.0
8 富山大学 88.3 88 88.2 -
10 三重大学 89.2 87 88.1 -
11 秋田大学 87.9 88 88.0 -
11 佐賀大学 88.9 87 88.0 -
13 浜松医科大学 89.4 86 87.7 -
13 鹿児島大学 88.3 87 87.7 -
15 山梨大学 87.3 87 87.2 70.0
16 宮崎大学 88.3 85 86.7 70.0
17 琉球大学 88.0 84 86.0 -

医師国家試験合格率ランキング【国公立】

医師国家試験

ここでは、国公立大学医学部の医師国家試験合格率でのランキングを示します。

2019年、2020年、2021年の過去3年の推移を示しながら、過去10年の平均を用いて順位づけしました。

順位 大学 2019年 2020年 2021年 平均(過去10年間)
1 横浜市立大学 97.7 96.9 94.9 96.8
2 筑波大学 96.7 94.4 97.2 96.4
3 浜松医科大学 95.4 96.1 96.7 96.3
4 東京医科歯科大学 96.5 98.2 99.0 95.9
5 名古屋市立大学 91.3 96.0 97.1 95.8
6 千葉大学 92.8 96.3 94.8 95.3
7 和歌山県立医科大学 93.3 98.1 93.9 95.2
8 大阪市立大学 93.7 96.9 92.5 94.5
9 福島県立医科大学 90.4 95.0 91.5 94.3
10 金沢大学 95.5 93.7 91.6 93.7
10 札幌医科大学 95.4 91.7 94.5 93.7
12 佐賀大学 91.4 94.6 94.7 93.6
13 山梨大学 91.9 97.4 90.7 93.2
14 東北大学 94.0 95.0 96.2 93.1
15 三重大学 91.2 92.9 91.2 93.0
16 秋田大学 91.9 96.9 97.7 92.7
17 滋賀医科大学 94.4 94.0 90.1 92.3
18 山形大学 89.3 92.2 89.3 92.2
18 京都府立医科大学 90.2 95.0 93.3 92.2
20 鳥取大学 90.1 94.7 83.9 92.0
21 岡山大学 90.7 89.3 92.7 91.9
22 名古屋大学 91.7 91.5 95.9 91.7
23 旭川医科大学 84.9 93.4 89.6 91.4
23 大阪大学 90.6 91.4 90.7 91.4
23 岐阜大学 92.5 95.7 96.0 91.4
26 弘前大学 91.0 91.0 91.1 91.3
26 神戸大学 90.8 92.4 93.7 91.3
28 富山大学 91.3 94.9 95.5 91.2
29 広島大学 86.5 87.8 86.3 91.1
30 島根大学 87.3 89.5 89.2 91.0
31 愛媛大学 95.5 92.6 90.1 90.9
31 信州大学 93.4 89.2 96.8 90.9
33 北海道大学 88.0 95.0 95.0 90.8
34 京都大学 89.8 91.0 89.7 90.7
34 福井大学 81.6 95.3 92.6 90.7
35 東京大学 89.0 91.3 91.1 90.5
35 群馬大学 91.0 94.6 90.1 90.5
38 奈良県立医科大学 87.9 95.0 89.7 90.4
38 徳島大学 91.7 92.1 93.8 90.4
38 新潟大学 90.5 92.5 87.8 90.4
41 香川大学 89.3 95.3 94.3 90.3
42 九州大学 88.0 93.0 87.6 89.7
43 琉球大学 93.0 90.6 95.5 89.5
43 大分大学 84.4 89.7 91.5 89.5
45 山口大学 89.3 91.5 93.7 89.2
46 鹿児島大学 88.5 92.8 92.5 89.1
46 長崎大学 83.6 94.1 92.0 89.1
48 熊本大学 86.1 82.4 92.6 88.0
48 高知大学 91.0 91.1 90.4 88.0
48 宮崎大学 83.7 89.2 94.4 88.0

偏差値ランキングとの比較

偏差値ランキングの上位である東大・京大が医師国家試験では上位ではない理由について解説下さい。

最新の2021年度版、国公立大学国試合格率ランキングを見てお気づきになったでしょうか?

偏差値・ボーダーランキングのどちらにも上位に入っていた東大・京大が、ここでは上位に入っていません。

ここには多くの理由があると考えられています。

その中の一つは、教育カリキュラムです。

各大学でどのように教えるかが工夫されていますが、そのカリキュラムの中でどれだけ国試対策を意識した授業やテストが行われているかで、

医師国家試験の合格率は大きく左右されます。

他にも、モチベーションの問題があります。

大学受験において最高難易度である東大・京大は、医師になるためという目的で入学する人だけが合格しているとは限りません。

医学そのものには興味がないという医学生も少なくないのです。

医学部6年間のきつい勉強生活に耐えられず、留年・退学する医学生も数人いるものです。

まとめ

ここでは、国公立大学医学部の難易度ランキングを紹介しました。

国公立大学医学部の受験校選びに際しては、難易度・立地・評判・倍率・学費など、さまざまな項目を考慮していくことでしょう。

この他のコラムでも触れていきますので、ぜひご覧ください。

2020年度はコロナ禍に加え、初の共通テストと波乱の展開でした。

2021年度はこれらのデータを活用し、ぜひ医学部合格を勝ち取ってください。

ページトップへ戻る

サイトマップ | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約

Copyright (C) 東京の医学部予備校を徹底比較!! All Rights Reserved.