医学部対策なら東京の専門予備校が一番

東京の医学部予備校を徹底比較!!

医学部合格を目指すなら渋谷にある専門予備校が近道です。

医学部予備校TOP >  医学部対策なら東京の専門予備校が一番

医学部の人気が過熱気味

医学部の人気が過熱気味

少子高齢化の現代は、大学も全入時代と言われ受験すればどこかの大学に入学できる時代になっています。

そのため、有名大学でも受験志願者数が減っており、受験生確保に苦労している大学は地方だけでの話ではなくなっています。

それにもかかわらず、医学部人気は増加の一途を辿り少子化とは無縁の世界となっているため、毎年非常に厳しい競争が繰り広げられています。

かつては理工系のトップレベル大学を目指していた優秀な受験生も最近では医学部を目指す傾向にあり、東大や京大へ進学するよりも国公立医学部を目指す流れが1つのブームになっています。

なぜそこまで医学部人気が高まっているかと言うと、先行き不透明な経済社会のもと安定した地位と報酬に高い魅力を感じている受験生が多いからです。

終身雇用制度が崩壊し、国際競争の激しさが増す昨今、大手企業でも大量リストラや倒産が当たり前の世の中になっています。

大企業に就職できれば安泰だという時代は既に終わっており、自分の生活やキャリアは自身で守っていく時代となりました。

医師という職業は、医学部を卒業し国家試験に合格した者だけがなれる限られた職業であるため、雇用機会はもちろん、報酬や地位も高いのが特徴です。

したがって、優秀な受験生は安定を求めて医学部を目指すようになりました。

競争倍率の増加そして難易度の上昇によって、比較的入学が容易だと言われていた私立大学医学部も今は偏差値60程度の学力が要求されています

そのため、浪人を嫌う今の受験生でも医学部だけに特化して言えば、いまだに2浪、3浪が当たり前となっています。

医学部予備校が合格への近道

超難関試験である医学部合格を実現するためには非常に高度な学力が要求されています。

苦手科目を作ることは論外であり、全ての教科で高い偏差値を取れないと合格は非常に厳しいのが今の医学部入試の実態です。

そこで、近年増えているのが医学部受験を専門に指導する予備校で、通称、医学部予備校と言われています。

大手の進学予備校と違うのは、医学部に特化した指導を少人数教育および厳格な学習管理で受けられることです。

大手予備校でも活躍する講師が在籍している医学部予備校も多く、普段なら大教室でしか受講できないようなプロ講師から少人数クラスで指導してもらうことができます。

モチベーションアップはもちろんのこと、距離が近いので生徒一人ひとりの理解度を把握しながら、その時に応じて最適な授業を展開してくれます。

また、少人数規模の医学部予備校が多いので、大手のように質問や相談で長蛇の列を作ることもなく、いつでも聞きたいときに利用できるので知識の消化不良を起こさないのも魅力です。

医学部に必要な範囲に絞って効率よく対策できるのが医学部予備校の魅力ですが、学習管理は厳しいことは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

基本的に医学部予備校では1日12時間は校内学習を強制していることが多く、空いた時間は自習室で勉強することになります。

また、確認テストを毎日実施して理解度を確認したり、定期的に面談を組んだりと、生徒の学習状況の管理は徹底されています。

束縛されるより自由な環境な方がマイペースに勉強できるという人は大手予備校の方が向いているかもしれません。

しかし、自己管理が苦手な受験生は、厳格な学習管理を行っている医学部予備校のほうが豊富な学習時間を強制的に確保できるのでサボることなく勉強に打ち込めます。

よって、大手だとサボりがちで偏差値40程度しかなかった受験生が医学部予備校に通うことで、たった1年で逆転合格を勝ち取る事例が多く見受けられます。

医学部予備校は東京が良いのか

医学部予備校は、医学部受験の人気に伴い校舎数が増えており、今では東京以外の全国各地で見られるようになりました。

それでも地方にある医学部予備校はある程度歴史のある伝統校が多く、地元の医学部へ進学する場合は、豊富なノウハウや情報を持っておりおすすめです。

もし、自分が首都圏の医学部を目指すのであれば東京の医学部予備校はおすすめかもしれません。

東京には優秀な講師が沢山在籍しているので、医学部予備校はどこも比較的レベルが高く、高度な指導が受けられます。

予備校数も日本では一番多いので、自分にピッタリの学習環境に出会えるのも東京で医学部予備校を探す意義があると思います。

また、東京周辺には沢山の私立医学部があるので、オープンキャンパスや説明会への参加も容易です。

医学部受験に集中した毎日を送っていると、医学部のキャンパスに訪れただけでも大きな気分転換になるし、なにより入学したら自分が通う大学だと思うと勉強へのやる気アップにもつながります。

ただし、地元を離れた東京の医学部予備校で勉強するということは、寮費など生活費が別途必要になってきてしまいます。

ただでさえ医学部予備校の学費は高額になってしまうので、家族で十分に話し合って決めることが重要となります。

渋谷は医学部予備校の激戦区

渋谷は医学部予備校の激戦区

東京でも特に渋谷には多くの医学部予備校が集まっており激戦区と化しています。

渋谷は商業施設をオフィスビルなど雑踏なイメージがありますが、少し離れると閑静な住宅街や文教エリアとして勉強には理想的な環境が整っています

ターミナル駅として多くの路線が乗り入れているのも、通学するうえで便利であり自ずと生徒が集まってくるわけです。

そんな渋谷には伝統校から新設校に至るまで様々な医学部予備校が独自の教育理念のもと個性的な始動を行っています。

医学部合格実績が豊富な予備校も少なくないので、東京で勉強することを考えている人はまずは渋谷を中心に探してみると良いでしょう。

エリアを渋谷だけに絞ることで効率よく探すことができ、体験授業や説明会の参加による負担も軽減可能です。

体験授業は入学前に必ず参加しておいた方が良いでしょう。

どうしても広告や公式サイトでは分からない実際の雰囲気や環境、そして講師の指導レベルなどを体験授業では確認することができます。

どんなに医学合格実績が高くても自分の学習スタイルに合わなければ半分も効果を発揮できずに終わってしまいます。

1年合格を確実なものにするためにも、医学部予備校は体験授業を含めて自分の目や耳で確かめて決定することが重要となります。

医学部合格を渋谷で比較

東京の医学部予備校を徹底比較!!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約

Copyright (C) 東京の医学部予備校を徹底比較!! All Rights Reserved.