東京の医学部予備校を学費で比較

東京の医学部予備校を徹底比較!!

東京には学費の安い医学部予備校が沢山あります。

医学部予備校TOP >  東京の医学部予備校を学費で比較

東京には学費が割安な医学部予備校は意外と多い

東京の医学部予備校を学費で比較

医学部への最短距離と言われている医学部予備校は、渋谷をはじめ東京の各主要エリアで多くの校舎が展開されています。

医学部予備校の学費と言えば、年間300万円以上も珍しくなく、500万円台の校舎も少なくありません。

私立医学部の1年分に相当するような学費では、サラリーマン家庭で医学部を目指す受験生にとっては非常に高額な学費となってしまい入学は困難です。

しかし、医学部予備校のなかには無駄なコスト削減など運営努力によって優れたコストパフォーマンスを実現し、学費に還元しているところもあります。

受講する指導形態やコースによって異なってきますが、年間100万円後半から200万円台で医学部対策が可能です。

学費が安いから質が劣るということは決してなく、高い医学部合格率を毎年実現している校舎も少なくないので、経済的負担を少しでも軽減したい人は学費の安さから医学部予備校を探してみると良いでしょう。

ただし、学費だけに注目して入学してしまうのは要注意です。

自分のニーズに合ったサポートと学習環境の下で勉強しないと思うように学力を伸ばすことができません。

医学部合格をなかなか実現できず多浪してしまえば、学費がその分かかってしまうため結果的に高額な費用が発生するだけでなく、貴重な20代という時間を無駄にしてしまいます。

したがって、学費の安さ自分との相性のバランスを考慮して選んでいくと良いでしょう。

まずは、東京都内にある複数の医学部予備校を資料請求で詳しく確認し、その後は体験授業などを活用して実際に足を運んで決めるのが一番です。

学費が割安で実績豊富なおすすめ医学部予備校ランキング

ここでは、学費が安いだけでなく、医学部合格実績も高い医学部予備校の中からオススメ校を紹介しています。資料請求や体験授業申込を行い、実際に自分の目で確かめてみましょう。

ランキング1位 野田クルゼ
野田クルゼ

野田クルゼは、首都圏の難関受験対策で有名な早稲田アカデミー系列の医学部予備校です。医学部受験指導40年以上の歴史を誇り、親子2代で通う生徒も多い伝統校です。特待制度が充実しており、ある程度の学力がある人は学費を大幅に削減することが可能です。近年は、医学部合格者数が右肩上がりで推移しておりより注目を浴びています。

学費 詳細 公式HP
【現役】1講座14,000円~/月 【高卒生】98,000円~/月 詳細 公式HP
ランキング2位 東京医進学院
東京医進学院

東京医進学院は、校舎と寮が一体となった学習施設を有する医学部予備校です。圧倒的な学習量と手厚いサポートが受けられることで毎年多くの医学部合格者が誕生しています。全寮制は寮生活費も含まれるため学費は高額化してしまいますが、通学生コースであれば200万円以下に抑えることも可能です。

学費 詳細 公式HP
【現役】個別42,000円~/月
【高卒生】通学:1,944,000円~ 全寮制:5,400,000円~
詳細 公式HP
ランキング3位 ウインダム
ウインダム

ウインダムは、医学部合格率が高いことで有名な医学部予備校です。本科生の2人に1人が医学部進学を実現している高い実績が魅力です。少人数制を徹底しており、手厚い指導のもと学力を伸ばすことが可能です。

学費 詳細 公式HP
【高卒生】年間2,130,000円~2,980,000円
【現役生】全受講:1,136,000円(384,000円~/1教科)
詳細 公式HP

医学部予備校の学費負担を軽減する方法グ

月謝制の医学部予備校を選ぶ

医学部予備校は年間の学費を一括前払いで支払うケースが東京の予備校でも多く見受けられます。

年間300万円や500万円ともなると、一度に用意するのは経済的負担が大きい感じる家庭もあると思います。

そこで月謝制の医学部予備校を選択すると、年間の学費が12分割されるため、支払い負担を軽減することが可能です。

また、推薦入試など早期に合格が実現した場合は、その後の費用負担が発生しないメリットがあります。

一括納付の場合は中途解約しても払込んだ学費が返金されないという声も聞かれますが、月謝制ならその心配もありません。

選抜クラスに入る

進学塾や大手予備校と同じように、東京にある医学部予備校のなかには選抜クラスを設置して学費の一部を免除するシステムを取り入れています。

筆記試験や面接試験が多いですが、河合や駿台の大手予備校主催の模試成績を判定基準にしているところもます。

また、医学部入試一次試験合格者なら授業料の一部が免除されるケースもあるので、高卒生には特待制度によって学費の値引きが受けられるチャンスが大いにあります。

筆記試験に関しては、複数回チャレンジできる場合が多いので積極的に挑戦することをおすすめします。

選抜クラスは優秀な受験生が集まるため、レベルの高い競争下で切磋琢磨できより医学部合格が近くなります。

単科制度を受講

本科生コースは、全ての受験科目を受講し、個別指導や模擬試験代など全ての費用が含まれているのでどうしても高額になりがちです。

受験生によっては医学部予備校のような手厚い指導環境で受講する科目は苦手科目に限定しても問題ない人もいるかと思います。

苦手科目は医学部予備校の単科コースを受講し徹底指導を受け、得意科目については大手予備校などの単科講座で対策することで学費総額を抑えることができます。

1教科から受講できる医学部予備校も東京には多いので、特に学校生活との両立が必要な現役生は単科講座を受講することで効率よく学習できるだけでなく、学費も安く済ませることができます。

東京の医学部予備校を徹底比較!!

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約

Copyright (C) 東京の医学部予備校を徹底比較!! All Rights Reserved.